『ブリーチなしで出来るところまで』ってそれで本当に満足???

お客様♫

よく新規のお客様で

明るめのグレーアッシュカラーの写真を見せられて


(写真はイメージ)

『ブリーチしないで出来るだけこれにしてほしい』

というオーダーをいただくのですが、

染める前の髪質にもよるんですが、

ほぼほぼ100%イメージしてるカラーにはなりませんよ

お伝えさせてもらってます。

ブリーチして明るめに染まったカラーと、

現状のベースが違うので、
例え同じ薬剤で染めたとしても

仕上がりは全く違います。

そして1番疑問なのが

そのイメージが違う仕上がりで果たして本人は満足するのか??

というところなんですよね。

ブリーチ=ダメージする


確かに普通のカラーに比べると

強いお薬なのは変わりないですが、

髪質や希望のイメージなどで、

ブリーチの強さは調節できますし、

(あきらかにダメージがひどい場合はこちらからお断りする場合もあります)

何より、

ブリーチをすることでしか出せない透明感やくすみ感のあるカラーもあります。
お客様の希望を100%叶えつつ、なおかつダメージを最小限に抑えるよう日々美容師は勉強しています^_^

そして、

ナチュラルなグラデーションカラーやコントラストのあるグラデーションカラー、

デザインカラーはこのベースのブリーチが大切です。
ベースを綺麗にブリーチで色を抜いてあげると色が落ちてきても綺麗なカラーになります。

なので、

赤みが強い方で透明感のあるカラーをご希望の方は髪質にもよりますが、1度ブリーチをして色を抜いてからカラーをする事をオススメします^_^

いつも綺麗な色味がでない方は1度ご来店ください。

髪質、希望のイメージを踏まえた上でしっかりと相談させてもらい、希望に添えるようご提案させて頂きます。
※ブリーチしないでいけるカラーはそのままブリーチなしで染めさせていただいてます。

そして、

※予算とデザインを踏まえたご提案もさせて頂いております。


コメント