SNS発信も大事だがそれよりもベーシックな技術を極める事が大事

マイリー長澤論

本日は昼から島根県でカラーセミナーでした

今回は僕たちが染めるのではなくて

参加してくださった方がそれぞれモデルを連れてきてカラーをし

僕たちがその中で薬剤選定など色々アドバイスする。

といった講習でした。

そうです。

ほとんど写真を撮れてません笑

カラーを受講者の方が塗布する場合

モデルさんをカウンセリングして薬剤選定を僕が主に決めて

塗ってもらうのですが

いつもと同じ薬剤選定でいっても塗るのが僕じゃないから同じ色になかなかならないんですよねこれが

塗布の順番も違えば塗布量、スライスの取り方も違うので

今度から薬剤選定のセミナーの前に1回塗布練習のセミナーを挟もうと思いました。

そしてカラーが終わって時間が余ってたので

SNSの話をしたのですが

発信のクオリティもあげないといけないけど(撮り方、巻き方)根本のカラーを綺麗に染めるという事がまず大事だよという事も伝えました。

近年

SNSでスタイル発信をするのが当たり前になってて

撮り方、載せ方、ハッシュタグの載せ方、、、

みたいなところをよく聞かれるしよくセミナーでも話するのですが

そもそも技術が上手くないとマイナスな拡散になるよね

と僕は思ってます。

いくらいいカメラで撮っても

カラームラが凄かったり、パサついて見てたら意味ないかなと。

これからスタイリストになる人は

発信するテクニックは絶対条件で必要なのですが

根本的なベーシックな技術(綺麗に切る、綺麗に染める、綺麗に巻くなど、、、)がちゃんと出来てるか見直した方がいいかなと思います。

たしかにデザインカラーとかクリエイティブなスタイルの方が写真映えするしカッコいいかもしれないですが

ベーシックを極める事が回り回ってお客様を可愛く綺麗にする近道なんじゃないかなと最近よく思います^ – ^

派手なカラーもそうですが

根本から毛先までめっちゃ綺麗なワンメイクカラーができたらサロンワークでは最強だと思います^ – ^

それありきのSNS発信(拡げる)かなと。

最近思ってる事でした

コメント