アッシュ系カラーを積み重ねるとブリーチなしでもこれくらい綺麗に染まります

お客様♫

現在顧客のカラー比率が95%くらいあるのですが

そのオーダーのほとんどが

アッシュ、グレー、シルバーなどの寒色系カラーです

希望のデザインにもよるのですが

グラデーションしたりハイライト入れる場合や白っぽくしたい時などはブリーチをつかいます。

それ以外はお客様とのカウンセリングで

ブリーチをして赤みをとり1回で透明感のあるアッシュ系にするか

ブリーチをせず通常のカラーで徐々に赤みを消し透明感を出していくか

を決めてやります。

今回のお客様は

ここ何回かずっと同じ系統のカラーで染めて

赤みをとり色みを定着させました

ブリーチなしで赤みをとる場合は
あまり明るめのカラーは提案しません。

なぜかと言うと

明るいカラー剤になればなるほど色みが薄くなるので

赤みが取れにくくなるからです。

なので少し濃いめのカラーで染めるので見た目は少し暗くなります。

しかし

巻いたり、外の光でみると、

透けて明るくなります。

明るめで赤みをとり

しっかり色みを出したい場合はブリーチをオススメします。
(ダメージが気になる人はダメージカットのケアブリーチがございます)

(ブリーチなしで明るめでしかも赤みが出ないグレーアッシュ系のカラーをご希望の方は僕のスタンスとは少し違うので違う美容師さんの方がいいかもしれないですね。)

こちらはご紹介で来てくれたお客様

仕事であまり奇抜な色はできないけど赤みを消したいとオーダーを頂いたので

かなり濃いグレーアッシュでカラー。

あと何回か同じ感じで染めると退色しても赤みが出なくなってきます。

お客様の髪質、なりたい色、予算、時間によってプロセスも最終のゴールも変わってくるのでご相談ください。

ご予約や相談はLINE@からお願いします↓
友だち追加

コメント