だからあなたは成長しないんだよ

美容師向け記事

昨日何気なくツイッターに

後輩とかのレッスンを見てても

『どうですか?』

としか聞いてこなかったりすると

「いいんちゃう」としか答えない。

『前回は〇〇を言われたので今回は〇〇を意識してやったんですが良くなってますか』

とか具体的に聞いてきてほしい。

質問する側ももっとレベル上げた方がいいよ。

と呟いたんですが

意外と反響があったので掘り下げて書きますね。

全然成長しない人の特徴

美容師を13年してるといろんな後輩がいたのですが

統計的にこの子成長遅いだろうなと思う瞬間があり

それが

レッスンの質が悪い

んですよね、、、

ツイッターにも書いてますが

レッスンを見てて

施術の終わったウィッグを持って来て

一言

『どうですか?』

、、、

、、、

、、、

えっ、、、?

何が?

ってなるわけですよ。

そもそも論

【何が】どうなのかの主語が無い。

だから答えようがないから

「ええんちゃう」

と答えるわけです。

僕の中では

『レッスンしてる自分どうですか?』

にしか思えないので笑

『やる気はええんちゃう』としか答えれない笑

こういう抽象的な質問しかできない子ってテストも受からないし

先輩に指摘されたことも治らないんすよね。

レッスンしてる事に満足するタイプの典型的なパターン。

逆に

『この前のレッスンの時に〇〇をもっとこうした方がいいと言われて今回のレッスンは〇〇を意識してしたのですが良くなってますか?』

だと

前回言われた事も意識して今回はそこを改善しようとしたんだなとわかるので

「ここはもう少しこうした方が良くなるよ」と

具体的なアドバイスができるのです。

何が言いたいのかというと

質問する人は質問の【質】をあげましょう

抽象的な質問には抽象的なアドバイスしかできないし

逆に具体的な質問にはちゃんとアドバイスができます。

こんな事を言ってると

先輩なんだからそこもちゃんと汲み取ってアドバイスしてあげなよ。後輩がかわいそうじゃん

という人が一定数出てくるのですが、

そもそも論

先輩も暇ではないし

営業終わりの給料も出ない中、自分のレッスンややる事をそっちのけで

可愛い後輩のために時間を使ってるわけですよ。

そこを当たり前に思ってる人は上記のような発想になるわけですよね。

先輩の貴重な時間を使ってレッスンを見てもらってるんだからこの1回のレッスンでしっかり成長しよう

と思ってレッスンしてる人が果たしてどれだけいるか、、、

僕自身も当たり前に思ってた時もあったけどそれ以上に夜中までレッスンに付き合ってくれる先輩に対して何か恩返しをしようと思った時に

《この技術を上手くなって検定を受かることが先輩に対しての恩返しになる》と思ったので

テストを最速で受かるために

先輩の言う事をしっかり理解し、教えられた事を反復練習し、更に自分なりに考えやって来ました。

そういう背景もあり

レッスンの中身が無い人を見ると

自分自身とそれを見てくれてる人の時間まで無駄にするんだよ

って思うわけです。

まぁ、そんなに成長したくなければ全然いいんですけどね笑

レッスンめっちゃしてるけどなかなか上手くならないなーって人は参考にしてください( ͡° ͜ʖ ͡°)

コメント